FC2ブログ
takeda様からいただいたコメントに

*************************************
宿坊の掲示板の情報によれば、今朝のNHKニュースで、
「参院選の公約(国会議員の歳費を10%削減)は、自民党が乗り気ではないので、実現は難しい」
と公明党が言ったらしいです。
*************************************

とのコメントをいただきましたので
早速ネットであらよっととグーグル先生に調べてもらったら


https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E5%85%AC%E6%98%8E%E3%80%81%E6%AD%B3%E8%B2%BB%E5%89%8A%E6%B8%9B%E9%99%BA%E3%81%97%E3%81%84%E9%81%93%E3%81%AE%E3%82%8A%EF%BC%9D%E5%85%AC%E7%B4%84%E5%AE%9F%E7%8F%BE%E7%9B%AE%E6%8C%87%E3%81%99%E3%82%82%E8%87%AA%E6%B0%91%E6%85%8E%E9%87%8D/ar-AAFxBUG#page=2

https://www.sankei.com/politics/news/190808/plt1908080032-n1.html


とこんな記事が見つかりました(笑)
まあ競合相手の日本維新の会に対抗するため選挙対策で歳費削減を公約に掲げたが
自民党が歳費削減に消極的なため早々と歳費削減はあきらめたってことだ。
まあそうだろう(笑)
昔からわかっていたことでしょ、公明党の変わり身の早さは(笑)
それで先日の参院戦の前にオレに投票を依頼した友達が言うように
公明党が庶民の身になって考えてくれているってどの口が言えるのよ。
勝利云々いうが早々と負けを決め込んでいるじゃないか。
しかも産経のネットニュースでは自民党に
「わが党の反対を公明は待っているのではないか」と皮肉られている始末(笑)
もう方々からバカにされている存在に成り下がったな。
ネット等で公明党の実態をみんなに知れ渡ってしまったのかな。
とにもかくにも自分たちの権力維持のためには
180度政策を変えても恥とも思わない連中だ。
自民党と連立を組んで政権与党の一角を占めれるとなったら
自民党をぼろくそに批判、(というかもう誹謗中傷のレベルだが)
していたにもかかわらず連立を組んだその次の日には
自民党に対する批判がぱたりと止んでしまった。
平和の党と自称しながら安保政策もブレブレ。
まっ、創価を守るために権力にしがみつくという点においては一貫しているな。
そしてそれでも末端の創価民は公明党を支持し続けるんだろう。
なぜなら基本的に彼らは政策を理解して
公明党の政策を支持して入れているわけじゃないからだ。
功徳欲しさにな~んも考えずに創価学会本部の言われたまま
公明党を支持しているに過ぎない。
完全に創価公明党になめられてんだよ、学会員は。
もうこうなれば行っちゃあ悪いがもう完全に「マス」だな。
意思も人格を持たない何かの集まり、「マス」だ。
学会本部に搾取されているのにそれに気づかない学会員にはイラつかせられるわ。
学会員よ、早よ目を覚ませ。
つまらん宗派争いとか組織同士の争いととらえずに
宗教教義、そして政治等自身の意思でいろいろ調べ考え、そして決断してもらいたい。





スポンサーサイト



21日の参議院選挙がやっと終わったね。
まあそれほどのドラマチックな番狂わせもなかった想定内の選挙だったな。
それは公明党の比例得票数の減少も含めてね。
公明党の比例得票数は約653万票で
前回の2016年の参院選から約100万票、
直近の2017年の衆議院選からは五十万票近く得票数を減らしたよ。
公明党議員全員当選は悔しいし
兵庫県の公明党議員も当選してしまったことは残念だったな。
れいわ新選組から出馬した野原さんで結構票が割れるんじゃないかと思っていたが
東京のほうも党代表だけあって山口那津男議員が前回に比べて微増で勝っていた。
山口代表の票が六十万票近く減るかとは思っていたがこれには意外だったな。
しかしそれでも落下傘候補の野原さんが徒手空拳で挑んで21万票を獲得していた。
ネットでは注目されていたがよくここまで得票数を伸ばしたものだ。
野原さんが東京から出馬しなかったら山口代表ももっと票を伸ばしたかもしれない。
れいわ新撰組の山本太郎が落選したのは驚いたが。


両院選公明党比例得票数
2004年参院選862万1265票
2005年衆院選898万7620票
2007年参院選776万5329票
2009年衆院選805万4007票
2010年参院選763万9432票
2012年衆院選711万6474票
2013年参院選756万8080票
2014年衆院選731万4236票
2016年参院選757万2960票
2017年衆院選697万7712票
2019年参院選653万6336票


参院選公明党比例得票数
2004年参院選862万1265票
2007年参院選776万5329票:前回から90万票減
2010年参院選763万9432票:前回から10万票減
2013年参院選756万8080票:前回から7万票減
2016年参院選757万2960票:前回とほぼ同数
2019年参院選653万6336票:前回から100万票減

衆院選公明党比例得票数
2005年衆院選898万7620票
2009年衆院選805万4007票:前回から90万票減
2012年衆院選711万6474票:前回から90万票減
2014年衆院選731万4236票:前回から20万票増
2017年衆院選697万7712票:前回から40万票減



オレが学会活動を始めた時とはちょっと時期がずれるが
公明党の衆参両院選の比例得票数はざっとまあこんな感じかな。
減ってきているが増えている年もあってなかなか憎たらしい連中だ(笑)
池田大作によれば選挙は「法戦」で
「国を折伏する」との触れ込みだったよな。
ということは公明党の比例得票数が減ってきているってことは
創価にとって折伏が全く進んでいないのはおろか
創価民みんなが「退転」していっているような状況じゃないか。
まっ、退転もそうだが除名も効いてきているようだ。
いやあ、オレが活動家時分には「1000万の連帯」を掛け声に
「法戦」を戦っていたがあの時はオレにとって
一番創価学会が伸びて勢いがあった時代に感じていたからね。
もう1000万なんて夢のまた夢になったな。
まっ、オレにとっては創価が天下を握ることは悪夢に等しかったから
ここまで減ってくれて本当にホッとしているよ。
なかなか急激には減らないし組織的にはまだまだ全国的に力を持っていて
今回兵庫県で当選した公明党新人の高橋光男氏のように
人材もまだまだいて安心できないが
とりあえずは自民党にも足かせをはめられていて
昔のようには好き勝手はできないだろうな。

さて、今回野原さんが創価公明党にあらがってれいわ新選組から出馬したが
takeda様の情報によれば創価から野原さんの除名が確定しているらしい。
そうなれば
takeda様がおっしゃるように

「創価学会には政治思想の自由が無いことを表明することになる」
「こんなの、後で政教一致の確たる証拠として利用されるのが見え見えなのに。
ほんと信濃町は頭が悪い。」

ということになる。
まあ野原さんはかわいそうだとは思うが
オレとしてはブログのネタを提供してくれるようなもんだ。
まあ野原さんもこんな創価学会には未練もくそもないでしょ。
野原さんも学会から除名されても「法難」ぐらいの感覚でしかないんじゃないの。
さて予定では2021年の衆議院選挙だが
次の衆議院選挙では一体どれほど公明党は得票数を減らしてくれるのかな。
そしてどんな人間が創価公明党に反旗を翻してくれるのか今から楽しみだ。





二週間後に行われる参院選のニュースを見ていたら
メロリンQこと山本太郎が話題になっていた。
なんかれいわ新撰組なんてわけがわからん政党をおったてて出馬するらしいね。
昔山本太郎は「山本太郎となかまたち」なんてふざけた名前の政党を作っていたね。
透明から見ても真剣に国政のことを考えているのか甚だ疑問だな。
今回の「れいわ新撰組」もちょっとおふざけした名前で
こういう名前を聞くと「人をなめとんのか」体中の血が逆上するタイプだからね。
山本太郎は前々から政治的主義主張が全く合わない嫌いなタイプの人間で
なおかつそんなふざけた名前の元に集まってくる政治家が
オレにとっちゃあこれまた石を投げつけたくなるような人間ばかりだ。
通常ならまた変なやつが騒いでいることにうっとうしがるはずだが
別の記事を読むとれいわ新撰組には驚くべきことに現役創価学会の会員も出馬するらしい。
学会員が公明党以外の正当から出馬とは時代も変わったもんだね。
出馬されるのは野原善正さんという沖縄出身の方で
公明党代表の山口氏と同じ東京選挙区から出るんだってね。
はじめはびっくりしたがほとんど興味がわかなくなって
「創価公明の亀裂もだんだん大きくなってきたなあ」ぐらいにしか感じなかったが
ネットニュース記事を見ても
「どっちみち池田教徒でしょう」と予想したがまったくその通りだった(笑)
しかしちょっと少々野原さんのことが気になって
野原さんの主張をユーチューブで見たんだが
堕落し自民に盲従する公明党をブッ壊すー野原よしまさ「れいわ新選組」候補。沖縄創価学会壮年部2019 07 06

********************************************
私は日蓮仏法の信仰者ですが
宗教は人を幸せにする宗教であれば何でもよいと思っております。(8:40)
********************************************

だってよ。
本当に野原氏が日蓮大聖人を末法の御本仏、
なかんずく久遠元初時受有法身如来と信じていらっしゃるのなら
宗教は人を幸せにする宗教であれば何でもよいなんて
大聖人様がおっしゃることなんてないしでしょ。
なぜそれがおかしいと気が付かないのか。
大聖人様は

他人が幸せになれば何でもいいじゃん。
念仏?ああ、いいねいいねぇ、南無阿弥陀仏もいいし真言も禅宗も律宗も全然いいよ。
それで幸せなら天照大神も八幡大菩薩も拝みなさい。
鬼子母神も釈迦像もどんどん拝んで結構ですよ・・・。


この野原さんが信じているといっている日蓮大聖人様はそんなこと仰せか。
日蓮大聖人様はそんな事一言も仰せじゃないよ。
大聖人が仰せなのは誤った信仰をすれば今世で良くても来世必ず不幸になる、
悪因を積めば必ず悪果を得る。
だから唯一正しい法である法華経に帰依しなさいと。
法華経以外はすべて爾前権教なんだと。
そんなもの信じていては将来、今生で厳罰が出なくても
来世は必ず地獄に落ちますよ、と。
大聖人様は立宗宣言をされて以来
強強に日本国中のありとあらゆる誤った信仰をしている人々に向けて
そのように破折を開始されたのではないか。
そして大聖人様が顕された一代秘法のご本尊こそ
この末法において一切衆生をお救いいただくる本門戒壇の大御本尊様じゃないか。
それ以外の誤った信仰をすれば今は良くてもいつかは地獄の苦しみに苛まれる。
だから大聖人様は迫害に次ぐ迫害にも屈せず法華経を広められたのではないか。
別に人が幸せになれば何でもいいやというような考えだったら
日蓮大聖人様はあそこまで迫害を受けていないよ。
でも地元の学会員と話してもみんなやはり同じことを言うんだよ。
「幸せになればそれでいいやん」って。
こういう学会員って仏法の基本中の基本の
三世永遠の生命というものはもう信じていないんだろうな。
それでいてよくまあ日蓮仏法の信仰者とはどの口が言えるんだよ。
大聖人仏法はおろか仏法そのものを信じていない。
要は三世の生命、来世を信じていないから今生において
「人が幸せならどんな信仰でもいいじゃないか」って言えるんだよな。
その人のその瞬間の一時的な幸福しか見えていないから。
続けて野原さんはこう言う。

*******************************************
誰しも個人の幸せを願い宗教を求めますが
宗教のもう一つの大きな役割は社会とどうかかわっていくかに尽きると思います(8:55)
*******************************************

まあ結局最終的にはそこに行くのね。
社会活動とか政治とか要は現世利益のほうに走っちゃうのね。
オレの周りの学会員たちもやたらと仕事でうまくいっただの病気が治っただの
そういうことが悪いとは言わんが仏法の中ではそんなもの功徳とはいえないよ。
そんな即物的なことだけのために信心しているのかよ。
この間も学会幹部の人と話をしたが
オレが「仏法の目的は一生成仏でしょ」って言うと
「一生成仏って何」って聞いてきたからな。
もう終わりだよ、処置なしだよ、こいつら。
まっ、オレはれいわ新撰組の候補者には絶対入れないけど
野原さんに期待することはせいぜい創価学会に入った亀裂を
これからできるだけ大きく広げてくれることだ。
昔鉄の団結と言われた創価学会の自界叛逆難はこれから大きくなるぜ。



昨日の統一地方選挙では
特に大阪のダブル選挙では大阪維新の圧勝で
公明党や自民党の敗北は決定的だったね。
大坂市議選と京都市議選でも超が付くほどの僅差で敗北していたな(笑)
四票差、六票差での敗北(笑)
負けた公明党候補はいくら悔しがって悔しきれんだろ。
ったく諸天の御加護が全く働かなくなったような結果だな。
僅差でも負けは負けだ。
もはや関西も「常勝」でもなんでもなくなったね。
関西人のオレにとっては関西魂の衰退には非常に残念に思うわ(棒)
「大阪の戦い」の神話ももはや本当に神話になっちゃったな。
大阪、京都は関西の中でも強いところやからね。
そこで僅差で負けたとなれば底なしに見えた創価学会の力の底が見えた感じだ。
平成から新元号の令和に変わる節目に平成時代にピークを迎えた
創価学会の勢いが衰えつつある象徴的な出来事といえば大げさかな。
とはいえ油断は禁物でしょう。
その他の地域ではいまだに議席数が維持されていて
創価公明党の健在ぶりを見せつけてくれている。
長年にわたる創価学会の「総体革命」戦略の根深さは相当なものだわ。
オレの地元でも選挙で活動家が走り回っているよ。
まったくもって大聖人仏法とは関係のないことに多大な労力使って
学会本部の保身と野望に利用されてあまりにも哀れだ。
大御本尊を捨てたどころか大御本尊様に弓を引く
信心の血脈の通わない創価に尽くした挙句に謗法を積まされている。
創価学会にとって選挙は法戦と称して信心の戦いと位置付けているでしょ。
ということは創価学会の信心が足りなったってことか(笑)
以前コメントをいただいたように大御本尊様に敵対した
「邪悪の徒には栄えなし」という紅の歌そのものになっちまったな。
大阪維新も衆議院選で公明党に刺客を送り付けることを示唆しているみたいだし。
公明党には逆風が吹きまくっているね。
橋本氏が公明党を倒しに行くと言っているからね。
次の衆議院選挙も楽しみだな。
とにかく「常勝関西」の敗北、お疲れさまでした。



10月末日の参議院本会議では公明党の代表質問が行われ
山口代表が「プレミアム付き商品券」導入の検討を求めたらしい。
オレ、これ聞いたとき「┐(´~`)┌ ヤレヤレまたか」と嘆息したわ。
日本政府が初めて経済政策として地域振興券を振り出した時から
単なるバラマキで消費喚起につながらないと思っていたので大反対だった。
それのみならず(学会員以外の)誰が見ても
安易で短絡的な政策であることは火を見るより明らかだった。
学会員の全くの手弁当で何の疑問もなく支持されている実情に恐怖した。
子供ながらこの国の未来に対して暗澹たる思いを持っていたな。
常識で考えて特定の人間に一人頭二万円ほどもらったって
地域振興券が交付された世帯では地域振興券を優先的に使用して
そのことによって使用せずに済んだ現金を貯蓄に回したため、
消費の押し上げ効果は発行額のわずか10%程度で
波及効果もほとんどもたらさなかったらしいじゃないか。
実際地域振興券で景気が回復したって話はつゆほども聞かない。
あの当時みんなが地域振興券を「天下の愚策」として批判していたが
その後も懲りずに定額給付金などとばかげた政策をしていたな。
学会員だけ公明党の地域振興券をほめていた。
いかに学会員が世間から感覚がずれているかよくわかる(笑)

定額給付金に関してもそうだ。
あの時も公明党の強い要望で定額給付金が実施されたが
あの時も全く効果がなかったじゃないか。
公明党議員が何も考えていないことがよくわかる。
そのくせ批判には強い拒否反応を示す
いや、自分たちが無能なのがわかっているから批判を極度に恐れるのか。
とにかくにも同じことを何度も繰り返す。
一度ならずに度までもバラマキ政策を実施して失敗しているのに
また同じことを繰り返すのか。
経済政策といえばバラマキの商品券しか思い浮かばない公明党・・・。
公明党の山口代表は

****************************************
「(低所得者対策として)バラマキを避け、できるだけ効果の高いものとするため、
例えば税率引き上げから一定期間使用できる
『プレミアム付き商品券』などを検討してはどうかと考えます」
****************************************

バラマキを避け・・・商品券を配る・・・はあ(゚Д゚)ハァ?
ちょっと何言ってんのかワカラナイんっすけど。
プレミアム商品券そのもの自体がザ・バラマキやん(笑)
そもそもこのプレミアム商品券は
「消費税率引き上げ時の低所得者対策」だったらなんで消費税増税に賛成するんだよ。
そもそも公明党は元々消費税増税反対じゃなかったのかよ。
いつの間に消費税賛成に回ったんぢゃ。
信念もへっくそもない政党だな。
昔っからだよな、手のひら返したように
180度政策を転換するときの素早さっていったら、ほっんとあきれるよ。
軽減税率もそうだ。いつの間にかシレっとして
さも当たり前のように消費税増税を前提にして軽減税率語ってんだか。
軽減税率も消費税を増税しなければやる必要もないでしょ。
増税なんてしなければ商品券や複数税率やキャッシュレス戻しなど
ややこしいことする必要もない。
そんな小手先のことばっかりしやがって国民が納得するとでも思ってんのかよ。
今景気が回復していない状況で増税すればより一層消費が先細ることは明白でしょ。
そうすれば真っ先に創価公明党が大事にしている
(と口では言っている)低所得者にしわ寄せがくるのは明白だろ。
庶民のための政党というのはもう真っ赤な嘘であることはだれの目にも明らかだな。
こんな連中を学会から言われたからと言って学会員も何も考えずに支持してんじゃねぇよ。
完全に創価学会執行部と公明党関係者になめられてんじゃねぇか(笑)
手弁当で公明党を支持し、あんまりつながりのない人間に対して電話で公明党支持を訴えて
いろんな人間から反感を食らい嫌われ、友達を失いながらもしつこく公明党への投票を依頼し
学会本部から言われれば給料も上がらない時代の中
自腹で沖縄など遠くまで金と時間と労力をかけて選挙の応援に駆け付け
いいようにコキ使われてそのうえで学会本部や公明党関係者になめられてんだから世話ないぜ。
民衆のための政党じゃなくて民衆に反する政党じゃないか。
はたで見ているこっちが学会活動家に対してかわいそうと思っちまうよ。
そこまでして公明党なんて支援したって広宣流布どころか
尽くした挙句に謗法罪障しか積まんぞ。
学会員のみんなもはよ目ぇ覚ませ。





PAGETOP