FC2ブログ
先日、登山してきました。


soumon-mae
総門前の写真です。


soumon_kara_sanmon2018
工事中の山門を総門より眺める。


以前梵我一如様より

******************************************
> ちなみに、正宗に戻って初めて菩提寺の
> 御本尊を拝した時にすぐ分かりました。
>
> 本物だ!とね。生命で分かる。
>
> 大号泣デスヨ。大歓喜で。良かったね俺。
> もう安心です。
******************************************

とのコメントをいただいた私は

******************************************
私はすぐにはわかりませんでした。
今も何も感じません、鈍いのかな。
ただやはり今では学会の掛け軸は気色悪く感じます。
正直に告白させていただきますが
大御本尊様を拝した時も何も感じませんでした。
しかし正しい御本尊様の功徳は徐々にですが
感じております。
創価時代と比べるとやはり何かが違うと確信しております
******************************************

という風にコメントを返信させていただきましたが
確かに一番最初は全く何も感じませんでしたが
回を重ねるごとに大御本尊様にお目通りすれば
不思議とまた大御本尊様にお目通りしたいという思いが
徐々に強くなってきます。
まあ回を重ねるといっても一年半前に帰伏したものでして
登山も少数ですがそれでも
御開扉が終わって奉安堂を後にすると
また来たい、また大御本尊様にお目通りしたいという
気持ちが出てきて後ろ髪がひかれる思いですね。
不思議ですがね。
やはり大御本尊様は本物なのでしょう。
あーまた登山してぇなぁ。
大御本尊様を拝したいなあ。



スポンサーサイト



先日お会式に参詣させていただきました。
実をいうと去年も参詣させていただきましたが
去年も今年も御逮夜、正当会共に参詣できたことは大変ありがたいことだ。
今年は去年と違ってほんの少しだけお会式の準備もお手伝いさせていただきました。
日蓮正宗では最重要の法要だが、やっぱ本物の仏教団体の法要は本当に仏教って感じだからな。
ちゃんとご僧侶がいてそのご僧侶が法要を取り仕切っているのがやっぱりありがたい。
お会式の雰囲気も普段の御講とは一段と厳かな雰囲気の中で儀式が執り行われて
法要中に黒スーツの俗物が導師している学会の姿を思わず思い浮かべてしまったが
いかに学会が異常で気色の悪い団体か正宗の雰囲気と比べたらようわかるわ。
実をいうと学会時代は御会式という法要があること自体知らなかった。
学生部活動家時分を含め大学を卒業して男子部になったが
男子部時代でも大聖人の御入滅を祝うことなんてなかったな。
以前拙ブログで創価学会の記念日を疑問に思う記事を書いたが
学会では日蓮大聖人の御入滅だけでなく大聖人の御軌跡に全く関心がない。
学会員の心の中に、それも心の中心には中心には大聖人はおられないようだ。
池田先生の誕生日とか池田センセにまつわることばかりだ。
広宣流布、仏意仏勅等、仏教っぽい言葉だけがむなしく形だけ存在しているが
奴らがやっていることは大聖人仏法紛い、大聖人仏法ごっこだろ(笑)
で、彼らが「広宣流布」しているのは大聖人仏法ではなく
「池田思想」とかいう実態が極めてあやふやなものでしょ(笑)
聖教新聞の一面の記事を仮に信じたしても
世界が賛嘆しているのは「池田思想」「池田哲学」じゃねぇか。
そんな実体のない意味不明なものなんて広宣流布してどうすんのよ(笑)
それを不思議に思わないのかな。
学会員のみなさ~ん、あなた方がやっているのは大聖人の仏法ではありませんよ~。
あなた方の信仰の中心にいるのは御本仏日蓮大聖人ですか
それとも池田大作ですか。
あっ、そうだった、皆さんの信仰の中心にいるのは
池田でもなく「創価学会」という組織だったな(笑)





客殿


御影堂

工事中の三門




昨日春季総登山会,の参加のため、
大石寺に参詣させていただいた。
大変良かった。
出発の電車に乗ったその時に
デジカメを持ってくるのを忘れたことに気づいて
大石寺の様子を撮影できなかったのでその点は非常に残念だ。
桜はまだつぼみの状態で咲いてはいなかった。
雲一つない気持ちいいほど晴天で富士山の雄姿がくっきり。
自分にとってはちょっくら暑かったが、風も程よく冷たくて
ヤバいくらい気持ちよかったぜ。
人も多く時間も切迫していたのでまあ撮影する暇はなかったけどね。
奉安堂の前にはすでに非常に多くの参詣者が並んでいて
前の方では大御本尊様を拝せないと残念に思ったが
運よく前から二番目の席で拝せた。
えかった、えかった。
以前、初めて大御本尊様を拝した時よりも
昨日の御開扉は一層格段にじんわり来るものがあったな。
人はメッチャ多かったけどね。

大石寺の様子を気にかけていらっしゃる方からコメントいただいたので
今回は前回アップしなかった写真の中から
大石寺のにぎわいと五重塔をアップしてみました。
それだけです。

CIMG0059gaikokujinsankeisha.jpg
外国人参詣者です。

CIMG0061houandokaeri.jpg
信徒席は五千人で一日に何回か御開扉があるらしいので参詣者さんは相当数にのぼります。

CIMG0065.jpg

五重塔
五重塔でございます。




PAGETOP