FC2ブログ
こちらにコメントくださった話によると
原田会長から池田博正氏に会長の座を譲るとか
谷川主任理事が失脚とか事前に話が漏れていたらしく
そのままの体制で行くことに落ち着いたらしい。
個人的には「今年はどんなギャグで大笑いさせてくれるんだろう」と
期待していたが大笑いを期待していたが
11.18は昨年に続いてまた肩透かしを食らっちまった。
今年は新人革連載終了した年だから期待していたのにな。



スポンサーサイト



もう十一月も半ばで光陰矢の如しということわざが身に染みる今日この頃だが
十一月といえばそう、創価学会の創立記念日がある月ですね。
この十一月十八日の学会創立記念日に一体聖教新聞でどのような発表がなされるのか
毎年楽しみにしているよ、オレ(笑)
去年もこの創立記念日に何か重大発表があると思っていたが
去年は肩透かしで何もなかったな
しかし今年は期待しているぜ。
何せ長年連載が続いてきた新人間革命がついに今年九月に終了したからな。
前作の人間革命から合わせれば実に五十三年も続いていたらしいが
これが終了したことは池田センセもついに死亡が発表されるのかと思っちゃうね。
まあ確かにある意味昭和平成時代の傑物であることには間違いないから
個人的にはさみしい限りだが学会員八百余万世帯の仏種を絶ち
現当二世にわたる苦しみを背負わした罪は無間地獄で償ってくださいな。
かわいそうだとは思うが残念ながらオレにはどうしようもない。
勿論11.18で池田センセの死亡が発表されるとは決まっていないが
どっちにしろ池田センセの時代はもうすでに終わっている。
一部池田教の信者は池田センセの建前を金科玉条にしているようだが
ほとんどの会員はもう池田センセのことなんか心配していない、気にかけていない。
みんな「創価学会」という組織を「信仰」してんだよ。
大聖人仏法に至っては学会員にとってもうすでにアウトオブガンチュウだろ。
もう平成もあと半年で終わる。
平成三年に破門されてからおよそ三十年
創価学会は破門当時の姿をこれっぽっちも残していない。
破門されてから日蓮正宗の化義を捨て本門戒壇の大御本尊様も捨て
これからは日蓮本仏論も捨てるだろう。
昭和、平成と暴れまくった池田先生終焉の時は限りなく近い。





先日お会式に参詣させていただきました。
実をいうと去年も参詣させていただきましたが
去年も今年も御逮夜、正当会共に参詣できたことは大変ありがたいことだ。
今年は去年と違ってほんの少しだけお会式の準備もお手伝いさせていただきました。
日蓮正宗では最重要の法要だが、やっぱ本物の仏教団体の法要は本当に仏教って感じだからな。
ちゃんとご僧侶がいてそのご僧侶が法要を取り仕切っているのがやっぱりありがたい。
お会式の雰囲気も普段の御講とは一段と厳かな雰囲気の中で儀式が執り行われて
法要中に黒スーツの俗物が導師している学会の姿を思わず思い浮かべてしまったが
いかに学会が異常で気色の悪い団体か正宗の雰囲気と比べたらようわかるわ。
実をいうと学会時代は御会式という法要があること自体知らなかった。
学生部活動家時分を含め大学を卒業して男子部になったが
男子部時代でも大聖人の御入滅を祝うことなんてなかったな。
以前拙ブログで創価学会の記念日を疑問に思う記事を書いたが
学会では日蓮大聖人の御入滅だけでなく大聖人の御軌跡に全く関心がない。
学会員の心の中に、それも心の中心には中心には大聖人はおられないようだ。
池田先生の誕生日とか池田センセにまつわることばかりだ。
広宣流布、仏意仏勅等、仏教っぽい言葉だけがむなしく形だけ存在しているが
奴らがやっていることは大聖人仏法紛い、大聖人仏法ごっこだろ(笑)
で、彼らが「広宣流布」しているのは大聖人仏法ではなく
「池田思想」とかいう実態が極めてあやふやなものでしょ(笑)
聖教新聞の一面の記事を仮に信じたしても
世界が賛嘆しているのは「池田思想」「池田哲学」じゃねぇか。
そんな実体のない意味不明なものなんて広宣流布してどうすんのよ(笑)
それを不思議に思わないのかな。
学会員のみなさ~ん、あなた方がやっているのは大聖人の仏法ではありませんよ~。
あなた方の信仰の中心にいるのは御本仏日蓮大聖人ですか
それとも池田大作ですか。
あっ、そうだった、皆さんの信仰の中心にいるのは
池田でもなく「創価学会」という組織だったな(笑)





10月末日の参議院本会議では公明党の代表質問が行われ
山口代表が「プレミアム付き商品券」導入の検討を求めたらしい。
オレ、これ聞いたとき「┐(´~`)┌ ヤレヤレまたか」と嘆息したわ。
日本政府が初めて経済政策として地域振興券を振り出した時から
単なるバラマキで消費喚起につながらないと思っていたので大反対だった。
それのみならず(学会員以外の)誰が見ても
安易で短絡的な政策であることは火を見るより明らかだった。
学会員の全くの手弁当で何の疑問もなく支持されている実情に恐怖した。
子供ながらこの国の未来に対して暗澹たる思いを持っていたな。
常識で考えて特定の人間に一人頭二万円ほどもらったって
地域振興券が交付された世帯では地域振興券を優先的に使用して
そのことによって使用せずに済んだ現金を貯蓄に回したため、
消費の押し上げ効果は発行額のわずか10%程度で
波及効果もほとんどもたらさなかったらしいじゃないか。
実際地域振興券で景気が回復したって話はつゆほども聞かない。
あの当時みんなが地域振興券を「天下の愚策」として批判していたが
その後も懲りずに定額給付金などとばかげた政策をしていたな。
学会員だけ公明党の地域振興券をほめていた。
いかに学会員が世間から感覚がずれているかよくわかる(笑)

定額給付金に関してもそうだ。
あの時も公明党の強い要望で定額給付金が実施されたが
あの時も全く効果がなかったじゃないか。
公明党議員が何も考えていないことがよくわかる。
そのくせ批判には強い拒否反応を示す
いや、自分たちが無能なのがわかっているから批判を極度に恐れるのか。
とにかくにも同じことを何度も繰り返す。
一度ならずに度までもバラマキ政策を実施して失敗しているのに
また同じことを繰り返すのか。
経済政策といえばバラマキの商品券しか思い浮かばない公明党・・・。
公明党の山口代表は

****************************************
「(低所得者対策として)バラマキを避け、できるだけ効果の高いものとするため、
例えば税率引き上げから一定期間使用できる
『プレミアム付き商品券』などを検討してはどうかと考えます」
****************************************

バラマキを避け・・・商品券を配る・・・はあ(゚Д゚)ハァ?
ちょっと何言ってんのかワカラナイんっすけど。
プレミアム商品券そのもの自体がザ・バラマキやん(笑)
そもそもこのプレミアム商品券は
「消費税率引き上げ時の低所得者対策」だったらなんで消費税増税に賛成するんだよ。
そもそも公明党は元々消費税増税反対じゃなかったのかよ。
いつの間に消費税賛成に回ったんぢゃ。
信念もへっくそもない政党だな。
昔っからだよな、手のひら返したように
180度政策を転換するときの素早さっていったら、ほっんとあきれるよ。
軽減税率もそうだ。いつの間にかシレっとして
さも当たり前のように消費税増税を前提にして軽減税率語ってんだか。
軽減税率も消費税を増税しなければやる必要もないでしょ。
増税なんてしなければ商品券や複数税率やキャッシュレス戻しなど
ややこしいことする必要もない。
そんな小手先のことばっかりしやがって国民が納得するとでも思ってんのかよ。
今景気が回復していない状況で増税すればより一層消費が先細ることは明白でしょ。
そうすれば真っ先に創価公明党が大事にしている
(と口では言っている)低所得者にしわ寄せがくるのは明白だろ。
庶民のための政党というのはもう真っ赤な嘘であることはだれの目にも明らかだな。
こんな連中を学会から言われたからと言って学会員も何も考えずに支持してんじゃねぇよ。
完全に創価学会執行部と公明党関係者になめられてんじゃねぇか(笑)
手弁当で公明党を支持し、あんまりつながりのない人間に対して電話で公明党支持を訴えて
いろんな人間から反感を食らい嫌われ、友達を失いながらもしつこく公明党への投票を依頼し
学会本部から言われれば給料も上がらない時代の中
自腹で沖縄など遠くまで金と時間と労力をかけて選挙の応援に駆け付け
いいようにコキ使われてそのうえで学会本部や公明党関係者になめられてんだから世話ないぜ。
民衆のための政党じゃなくて民衆に反する政党じゃないか。
はたで見ているこっちが学会活動家に対してかわいそうと思っちまうよ。
そこまでして公明党なんて支援したって広宣流布どころか
尽くした挙句に謗法罪障しか積まんぞ。
学会員のみんなもはよ目ぇ覚ませ。





PAGETOP