FC2ブログ
学会員は日蓮正宗から破門されたと被害者意識を肥大化させ
宗創の間で何があったか真実を知ろうともせずに日蓮正宗を非難しているが
一方では「魂の独立」とかアホなこと言っている。
これを聞いたときこう思ったわけだ。
「なにそれ?オレ、創価学会が日蓮正宗から破門されたとしか聞いてないよ」
一方では「された」と不本意ながら日蓮正宗から追い出されたように言い、
もう一方では自ら日蓮正宗から自主的に出て行ったように言う。
ああ、もう一つ、学会が日蓮正宗を義絶したとかゆーとるやつもおったな。
同時に起こりえない、正反対の事を同じ学会員の口から
またはブログでよく見聞きする。
これを言っている人たちって自分の言っている(書いている)ことが
整合性が取れないことを自覚して言っているのか。
それとも本当に言葉の整合性なんかに目(耳)もくれずに
「破門された」と「魂の独立」の両方を信じているのかな。
もはや頭破七分も病膏肓に入っているな。
奴ら日蓮正宗を腐すことしか考えていないからね。
日蓮正宗を腐すためならなりふりかまわへんからな。
もうここまで支離滅裂なこと言わないと
自分たちを正当化できない状態にまで創価学会は成り下がってしまった。
哀れだな、哀れすぎるよ。哀れすぎて涙が出るよ。
大御本尊を捨てた謗法の果報がもう早くもこんな形で表れてきたとは。
いやあ、大御本尊を捨てた大謗法の果報は怖いもんだね。
ちょっと想像しただけでも恐ろしい。
池田センセに狂わされた者たちの狂いっぷりはハンパじゃないよ。
学会の機関紙、聖教新聞や創価新報に書いている記事そして池田センセのスピーチを
ちょっと考えるまでもなく気づくことができるあやまちに気づかず
レコーダーよろしくそのまま口にしているだけだ。
学会員は全くもって考えることができない池田センセのロボットに成り下がってしまった。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP